9番ウッドおすすめ10選!9Wの飛距離はどれぐらい?必要性はある?

クラブのセッティングで、フェアウェイウッドに3Wと5W、これに7Wを加える人が多いですが、ここにもう1本9Wを入れることをおすすめします。

9番ウッドを使っている人は少ないですが、意外に使い道が広く、飛距離の出ない球が上がらないアマチュアには最適です。

あまり必要性を感じてないかもしれないですがあると便利です。

9番ウッドの特徴や必要性

180ヤードの距離を打つとき、ヘッドスピード42m/秒ぐらいの人だと5番アイアンぐらいの距離ですが、フェアウェイから打ってうまくいくかどうか、ラフからだと、かなりきびしいところです。

5番アイアンで距離と高さを出すのは、中級者でもそれなりに難しいです。

そんなときに使えるクラブが9番ウッド。重心が低くて深いので球が上がりやすく、ソールを滑らせて使えるので、多少のラフでも打っていけます。

180ヤードの距離というのは、ロングホールの第2打でもありますが、パー4でドライバーをミスったときなどに残ることが多いですね。

そんなときに頼りになるのが、9番ウッドなんです。

フェアウェイウッドを使うときに気を付けることは、上げようとしないことです。

上げようとすると、どうしてもすくい打ちになってしまい、逆にトップになりがちです。

基本は払い打ちですが、ケースによっては、打ち込むようなイメージでもいいかもしれません。

ロフトがあり、重心も低いので、普通に打てばボールは勝手に上がってくれます。

ユーティリティクラブもいいですが、7Wや9Wのほうが、シャフトが長く重心深度が深いので球は上がりやすいです。

ユーティリティは方向性に優れているので、うまく使い分けるといいでしょう。

9番ウッドおすすめ10選

【ダンロップ】ゼクシオ11 フェアウェイウッド

アマチュアゴルファーに絶大な人気を誇るゼクシオシリーズの2020年モデル。

新しく開発されたシャフトはしなり感がありますが、しっかりとした感触。

フェースの周辺を極薄に設計した「キャノン・ソール」の採用で、反発性能を大きく向上させ、スイートスポットが広がったヘッドは、まっすぐに飛ぶ強い打球を生み出します。

ゼクシオならでは打感と打音は健在で、心地よく打つことができます。

【キャロウェイ】ローグ スター フェアウェイウッド

フェースの裏に2本の柱を搭載することで剛性を高め、極薄に仕上げた弾きのいいフェースによって、打球の初速が格段に速くなっています。

クラブヘッドのクラウンをカーボン製にして重心を低く深くすることによって、つかまりやすく高い打球を打ち出すことができます。

軽めのシャフトで気持ちよく打てるクラブです。

【キャロウェイ】マーベリック マックス フェアウェイウッド

AIの計算によってクラブ性能が最大化、最適化するように設計されています。

新たに導入されたFLASHフェースSS20 は、番手ごとにフィットした弾道になるよう開発されていて、高弾道と飛距離を実現しています。

リーディングエッジを地面により近づけることでボールが拾いやすくなり、やさしく飛ばせるモデルになっています。

【ピン】G425 MAX フェアウェイウッド

非常に薄くても強度が高いマレージング鋼で作られたフェースの面積を拡大し、最大のたわみで初速を高めて高弾道と大キャリーを実現しています。

ミスヒットした時でも飛距離をロスしにくい新設計のヘッドを導入することで、安定したショットを打ち出せます。

ソール後方部にウェイトを搭載することで慣性モーメントを高め、ショットがぶれにくくなっています。

【ヤマハ】inpres UD+2 フェアウェイウッド

小さな四角いへこみを、ヘッドのクラウンとソール部分につけることで、フェースまわりの剛性を高め、エネルギーロスを大幅に低減して強いインパクトを生み出しています。

改めて重心設計を行い、このモデルで最大の重心角と、慣性モーメントを実現しています。

フジクラ社「Air Speeder」をヤマハ専用に設計して、安定して飛ばせるクラブに仕上げています。

【フォーティーン】CF-218 フェアウェイウッド FT-15F カーボン

大型で非常にシャローなヘッドが特徴的です。

打ちやすいイメージで安心して構えられます。

ボールをつかまえやすく高弾道の打球になるので、ヘッドスピードがあまりない人でも使いやすいでしょう。

純正のシャフトは、中間部がしなって先が動く球を拾いやすいタイプで、ヘッドとの相性がいいので、とても振りやすいです。

【プロギア】ニューエッグ フェアウェイウッド

フェースとクラウン部分を薄肉設計にしたことで超低重心化し、フェースの反発係数を最大限に高めています。

これにより力強い打球を高弾道で飛ばすことができるようになりました。

専用シャフトは手元の剛性が高く、先端部が大きくはしる設計になっています。

先端部は当たり負けしないような剛性を持ち、安定したインパクトになります。

【ロイヤルコレクション】BBD V7 フェアウェイウッド

7W・9Wはカスタムステンレス455フェースを採用しソリッドな打感で打ち込むことができます。

やや小ぶりなヘッド形状はアドレス時のイメージを高めて、しっかりとグリーンが狙えるクラブになっています。

BBD V7専用の「ATTAS RC」シリーズシャフトを採用。

タイミングが取りやすいしなりを生み出し、オフヒットでのヘッドのブレを解消しています。

【ダンロップ】ゼクシオ プライム フェアウェイウッド

ゼクシオプライムはシニアゴルファーがターゲットのブランドで、軽さと球の上がりやすさを求めて作られています。

ヘッドはフックフェースでつかまりやすく、シャフトが通常モデルよりも0.5インチ短い設定でミートしやすくなっています。

チタンフェースから飛び出す打球は常にストレート。

シャフトは軽くてもしっかりした振り心地で、気持ちいいスイングで飛ばすことができます。

【ホンマゴルフ】べレス フェアウェイウッド

ヘッドの投影面積を従来モデルよりも一回り大きくしたことで安心感を与え、慣性モーメントを高めて直進性が増しています。

メッシュ構造クラウンのたわみと高反発フェースの組み合わせで、高い初速を実現。

強い弾道で飛ばすことができるようになりました。

番手重心設計によって、3Wは重心を後ろにしてつかまりやすく、9Wでは低重心で上りやすくなっています。

まとめ

多少ライが悪くても高い球が打てる9番ウッドは、頼りになるクラブです。

楽にゴルフがしたい人、練習はあまりしないけどいいスコアを出したい人、戦略的なホールの攻め方を楽しみたい人にはピッタリです。

一度試しに使ってみてください。シニアや女性にもおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました